EDを治したいならまずはバイアグラを使ってみましょう。バイアグラは世界で一番最初に販売されたED治療薬です。最近、下半身が萎えているなと感じている男性はバイアグラを使って下半身を復活させましょう。

2016年08月の記事一覧

高齢者がバイアグラを服用する時の注意点

バイアグラはED治療薬であり、元々EDに悩むのは若い人よりも中高年の方が中心であり、高齢者であるという事だけが理由でバイアグラを服用する事が出来ないという事は無いです。
ただし、EDだけに限った事では無く、高齢になってくると体力などは衰えてくるのが普通であり、それに伴って様々な体の異常が現れやすくなるので、そうした事が原因で注意しなければならない事は出てきます。
例えば、狭心症を患っている場合には治療薬として硝酸剤を用いているケースがありますが、バイアグラと硝酸剤は併用禁忌であるためにバイアグラを使用する事は出来ないです。
また、低血圧の人や管理されていない高血圧の人、重度の肝機能障害がある人、脳梗塞や心筋梗塞の既往症が6ヶ月以内にある人などはバイアグラを使用する事は出来ないです。
これらの問題は何も高齢者に限った事では無いですが、やはり高齢になってくると問題になってくるものも多く、健康面で何かしらの問題を抱えている人はその事はきちんと医師に伝えた上で処方して貰っても問題が無いかどうかをハッキリとさせた方が良いです。
日本ではバイアグラは処方薬であるために病院へ行って処方して貰う必要があり、普通に手に入れるのであれば病院で医師に心配な事は相談すれば良いのですが、問題は病院以外で手に入れるケースです。
最近では個人輸入で海外からバイアグラを簡単に購入する事が出来るようになっていますが、そうして入手した医薬品は偽物であるという可能性が問題視されていますが、それだけでは無く正規品であったとしても自己判断に委ねられるという問題があります。
通常は医師が診断する部分を自分自身で理解していなくてはならず、安易に服用すると命に関わる事もあるので病院で処方して貰う方が安全です。

続きを読む

刺激が無いとバイアグラを服用しても効果なし

バイアグラはED治療薬であるという事はご存知の方も多いですが、中にはその効果を誤解しているという人もいます。
どのように誤解しているのかというと、服用すれば勝手に勃起をしてくれると勘違いをしているのです。
残念ながらバイアグラにはそのような効果は無いので、服用しただけで勃起しっぱなしになるという事も無いです。
それではどうしてバイアグラはED治療薬として効果があるのかというと、PDE5という酵素の働きを阻害する事によって勃起を手助けしてくれるのです。
バイアグラの勃起を手助けしてくれるというのは勝手に勃起を促す効果があるという訳では無いのですが、その事を理解するためには勃起がどのようにして起きるのかを簡単で良いので理解しておく必要があります。
勃起というのはかなり複雑なメカニズムとなっていて、性的な刺激を受ける事で神経伝達が行われ、それによって血管を拡張させるcGMPと呼ばれる物質が生成されます。
cGMPが生成される事で海綿体内に血液が大量に流れ込んで勃起するのですが、その物質の働きを阻害するのがPDE5となります。
cGMPよりも PDE5の方が優位になると拡張された血管が元に戻って勃起も収まるのです。
そのPDE5の働きを阻害するという事は、一度勃起するためのcGMPが生成されると勃起状態を維持し続けやすくなるという事になるのです。
性的な刺激を呼び起こさなければcGMPは生成されず、cGMPが生成されなければPDE5の働きを抑制する効果があっても意味が無いのです。
だからバイアグラを早目に服用したからといって勝手に勃起し続けるという訳で無く、食事をするタイミングを考えると早目に服用したいといった場合でも、服用する事によって勃起するのではないかとそれほど心配をする必要はないです。

続きを読む